腰痛


背骨に原因がある腰痛

椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
変形性脊椎症
骨粗鬆症
腰椎椎間板ヘルニア
『症状』
腰から足先にかけてしびれや痛み、筋力の低下など。せきやくしゃみでも激痛がおこる。
  脊髄神経(神経根)を圧迫するため、ひどい場合は排尿ができなくなる場合もある。

  腰を曲げないと痛みで立っていられないほどの腰痛と下肢の痛みがある。

  前傾姿勢・イスに腰掛けるの辛く、横になっているのが楽というのが一般的な症状。

『原因』
加齢によるもの、背骨に予想以上の力がかかった事が考えられます。
  髄核(椎間板の中心部にある)が弾力性を失い、繊維輪に亀裂が生じ髄核が繊維輪を破って飛び出し神経  を圧迫した結果起こるものです。

  脊柱のクッションの役割を果している椎間板は、年齢とともに(20歳を過ぎ)次第に衰えてくる為、働き盛りの20  歳〜30歳代の軽作業(事務、運転、セールス、看護、家事など)の人に多く見られます。

脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)
『症状』
立って腰がのびた状態で痛みが強くなる。
  長く歩くと歩けなくなるほど腰から足の裏にかけて痛んだり、しびれたりするというのが一般的な症状。

『原因』
脊髄神経への圧迫。 脊柱管の下の方の内径が狭くなり、その結果、神経や血管を圧迫するために起こる。
  中高年に多い。

脊椎分離症・腰椎分離症
『症状』
腰痛症のような痛みが出て、ときには下肢の痛みやしびれもあります。
  同じ姿勢を長くしていると、腰が痛くなる。背中を後ろに反らせる、腰掛ける、立つ、歩くなど 同じ動作を続け  るのが辛い。激しい運動中に急に腰が抜ける などが一般的な症状。

『原因』
腰椎の後方部分(椎弓)が切れた(骨折)結果、脊柱が不安定になる。
  激しい腰のひねりや強い前屈、背屈が原因になる事が多い。

  激しい運動をする若いスポーツマンに多く見られる。

脊椎すべり症(腰椎すべり症)
『症状』
腰痛症のような痛みが出て、ときには下肢の痛みやしびれもあります。
『原因』
一つの椎骨が腹側へ移動した状態。
  脊椎分離や椎間板の老化などによって起こる。

腰痛症(筋膜性腰痛症)、ぎっくり腰
『症状』
腰部に痛みがあり、内臓疾患でもなく、レントゲン写真を撮っても異常が見られないものの総称 。
  中腰でものを持ち上げたり急に立ち上がろうとした時に激痛が走る。

  前にかがんだだり長く座っていると時に痛む。

  寒いところで仕事をした時痛む。などが一般的な症状。

  突然の激しい痛みに襲われるため、ドイツ語で「魔女の一撃」とも呼ばれる。

  重く張ったようなだるいような痛みが続き、慢性化する場合も。

『原因』
筋肉・神経・関節への急激な負荷や過度の緊張と疲れ。
  不用意に体をひねった、重いものを中腰で持ち上げた、前傾姿勢をとった時などに起こりやすい。

  長時間同じ姿勢、無理な姿勢、筋肉疲労、女性では月経時に骨盤や背骨の靱帯が緩んで、腰痛が起こる  事もある。運動不足、肥満、全身の疲れなどにより、腰の筋肉の血行が悪くなり、筋肉疲労を起こす事もあげ  られる。

変形性脊椎症(変形性腰椎症)椎間板症
『症状』 
腰部に鈍痛とこわばりが感じられる。
  立つ時の動作時、寝返り時に強く出るのが特徴。

  動き始めに痛み、動いていると痛みが少し楽になるのが一般的な症状。

  「骨棘(こっきょく)」と呼ばれる出っ張りがレントゲン写真で観察されると変形性脊椎症と診断される。

『原因』
椎間板・関節・靱帯の老化。
  加齢により椎間板が老化し椎間板の水分が減少し、弾力性がなくなる(椎間板症)と、脊椎骨の縁の部分が  変形(変形性脊椎症)してくる、椎体間の隙間が狭くなると脊柱が不安定になり、周囲の神経や神経根が刺  激される。

  また、このような時、椎骨は「骨棘(こっきょく)」と呼ばれる出っ張りを生じて、支えようとする。

  この骨棘が近くの神経を刺激することもある。

椎間関節性腰痛症
『症状』
朝は腰が痛くてなかなか起き上がれないが、昼間、体を動かす内に、痛みをあまり感じなくなる。
『原因』
腰椎の関節が炎症を起こし、痛みが生じる。
  中年以降に多い。

骨粗鬆症によるもの(脊椎圧迫骨折)
『症状』
背中や腰部に痛みが現れる
  骨粗鬆症による腰痛はなかなか痛みがとれず、脊柱の圧迫骨折が重なると背が低くなったり丸くなったりします。

『原因』
加齢とともに骨からカルシウムが抜けて骨量(骨の量)が減り、骨が軽石のようにスカスカになった状態のことを骨粗鬆症と言います。
  骨粗鬆症では骨がもろくなっているため、小さな負担(尻もちを付く)だけでも骨折(背骨がつぶれる→   「圧迫骨折」)する場合があります。その為 背中や腰部に痛みが現れるのです。

  年輩の女性に多い。

シュモール結節
内ヘルニア  神経への圧迫等はしない。
  椎間板ヘルニアのうち、椎体内(上下方向)へ脱出するもの。

根性腰痛症- 坐骨神経痛
『症状』
お尻や足への放散痛、坐骨神経痛ともいわれる。
『原因』
脊髄や神経根の圧迫によっておこる。
  多くは腰椎椎間板ヘルニアが原因。
●来店前に予約をお取り下さい。
■アスリートサロン  ニューマン
■住所:千葉県船橋市三山8−36−7
■TEL:047−407−0681
■FAX:047−407−0682
■メール:newman@cosmos.ocn.ne.jp
■P有